子どもへの声掛け

子どもが幼い時代に

何より大切なのは、

ママの声掛けだと思っています。

赤ちゃんの頃のベビーサイン、少し大きくなって幼児教室、アトリエ、スイミング、バレエ等たくさんのお稽古事

多種多様なお稽古事に共通するのは、ママの声掛け。

それはとてもとても大切。

どのように声掛けをしていくかで、子どもは大きく変わったいきます。

子どもを褒め育てしない、無駄に叱らない、叱る(困った時)は子どもを非難しないでちゃんと伝える等

子どもが自分で考えられるような声掛けをしていって欲しいのです。

アトリエでは、この声掛けについて、しっかりお伝えしていきます!