1歳半位からの子どもの『なぐり描き』はとても大切なのです

こんにちは♡

1歳半頃から子どもは「なぐり描き」を始めます。大人からみればただのぐちゃぐちゃにしか見えないこの「なぐり描き」。

思う存分やらせてあげて下さい!って力説しちゃうほど大切なのです。

↓↓

IMG_1216

でもね、ママからよくある心配事。

「思いっきり描かせたい気持ちはあるのですが、でも、家の中でクレヨンとかペンを持たせるのが心配です。壁とかフローリングにいたずら描きをするのではないかと…。やはり自宅は汚されたくないのが本音です」

それ、よーく分かります! 私も同じですもの。

では、どうすれば?

アトリエでやる!これが一番!(笑)

でもアトリエに参加されていない場合は? お母様の創意工夫が決めてになりますが、一つ提案として。

大きなビニールシートの上に新聞紙を敷き、その上に模造紙か画用紙を置き、クレヨンやゲルマーカー類(力を入れずに描くことができる、小さな子どもにはお勧めの画材です)を用意する。そして子どもが好きない色で好きなように描くのを見ながら、子どもの話しに耳を傾け、そのまま素直にきいている。ただこれだけなのです。

「なぐり描き」って子どもにとってはとても大切なのです。ぐるぐるぐるぐる自由に描いて、そしてグルグルしながら色々なことを思い浮かべる。これが創造力を鍛え、考える力となっていくのです。

ちょっと勇気をだして、ちょっと子どもの為にお母様の時間を使ってお家の中で挑戦してみてくださいね。

 

アトリエの子どもの「なぐり描き」

2才になったばかりの男の子。最初何をしていいか分からず迷っていた時、画用紙の下に敷いていた新聞紙に掲載されていた車の写真に気付きました。そこでピン!車が好きだということを思い出したかのように、車→走る→早いって感じでどんどん描いていきました。これぜーんぶ「走る」イメージなのですよ。

↓ ↓

IMG_1233-7

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.