「親」を学びませんか?より良い親子関係を築くために…

menu

ママいろカフェ

子どもが絵を描く時に使う色には意味があります

こんにちは♡

今日は子どもが表現する色の心理状態を少し解説してみます。

子どもがお絵描きをする時に使う色の一色一色には意味があります。楽しい時の色、悲しい時の色等その時の気持ちにフィットする色を使うことが多いのです。子どもの表現する色に少し気をつけて見ていくと、その時の子どもの気持ちに触れることができます。子どもの気持ちに触れると、子どもへの対応が少しつづ変わっていきます。「1人で遊びたいのね、だったら暫くそっとしておこう」「あの時は悔しい気持ちをがまんしていたのね、だからごねちゃったのね、これからは同じような場面ではすぐに怒らずに少し気をつけて対応しよう!」等。

だだ色の意味は、子ども1人1人の経験等によって全く違う意味になることもあります。例えば「黒」、我慢等の意味があります。でも例えば子どもが黒を身につけていた時に、欲しくてたまらなかったおもちゃを買ってもらえた等、子どもにとって嬉しい体験があったら黒は我慢ではなくて喜びの色になります。「ピンク」、ホッとした優しい色ですが、このピンクを持っていた時に恐い体験をしたなら、ピンクは子どもにとって恐い事の象徴になることもあります。これを心の経験値としてみていくので下記の色の子どもの心理状態は絶対ではありません。でもきっと参考になると思います。うまく自分の気持ちを親に伝えることができない幼い子どもの絵に、その子どもの気持ちが表現されることっていっぱいあります。

赤色:エネルギーの高さを示し、物事に対する好奇心や意思がある時に使われます。

黄色:幼児によくつかわれる色です。「ママが大好き。もっと甘えたい」という欲求を表しています。

緑色:ゆったりした気分でいたい時、疲れている時やリラックスしたい時に安らぐ色です。

青色:水色のようなパステルな青は解放感に溢れたさわやかな気分。鮮やかな青色なら思考力が働いている   時、紺色のような深い青色は何かプレッシャーを感じ1人で頑張る時かもしれません。

紫色:紫は赤色と青色を混ぜてできる色。「激しい感情を出したいけれど、ちょっと我慢している」等心の葛藤があるのかもしれません。又風邪等の体調不良から回復へ向かっている時に表現される色でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930