「親」を学びませんか?より良い親子関係を築くために…

menu

ママいろカフェ

始めて教える社会マナー、電車内の優先席

こんにちは♡

今日の質問です。

「子どもと電車に乗った時に、たまたま優先席が空いていて座りました。でも、徐々に混んできて目の前に高齢の方が立たれました。席は譲りましたが、子どもにどのように説明しようか迷いました」

そうですね。突然だと困ってしまいますね。

「ここはおじいちゃん、おばあちゃんの為の席で、譲るものですよ」簡単だとこんなところかもしれません。子どもも理解はできますよね

でもね「~すべき」という決まり事として子どもに説明をしていくとどうなると思いますか?

電車の優先席で高齢者が目の前に立たれているのに平気で座っていたり、寝たふりなんてしている方を見かけることがありますが、決まり事として教えたマナーは、自分の都合や気持ち次第で簡単に破ってしまうこともできるのです。

だったら、どう伝えたらいいのでしょうか。

優先席だったら「揺れる電車の中で高齢の方が立っているってどう思う?」って子どもに考えさせるのです。子どもなりの考えを言ってくると思います。「おじいちゃんは疲れるよね」「おばあちゃんが立っていると揺れると転びそうで危ないよね」そんなことをお母様と話し合いながら、優先席の意味と優先席を譲る気持ちを考えていくのです。何故優先席があるのかという!

マナーやエチケットって、ただ教えるのではなくて、何故そうするのか、何故必要なのかという気持ちを親子で一緒に考えていくと子どは理解しやすくなります。

これは、例えばレストランに食事に行く時等にも使えるのです。「皆が美味しく食べている時にお店を走ったり、大きな声をだしたりしたら、どんな風に思うかな?」って。

そしてこのことを話すのは電車に乗る前の日、レストランに行く前の日の時間の少しある時に話して下さいね。そして帰ってきてからも時間があったら触れてみるといいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031